AI DX Microsoft

中小企業必見!PowerPlatform利用時の料金徹底解説!

2024年4月4日

[toc]

中小企業の皆さん、ビジネスのデジタル化を進める上で、費用対効果が鍵となります。「PowerPlatform利用時の料金徹底解説」というタイトルのもと、貴社が直面するかもしれない料金問題を明快に解き明かし、最適なライセンス選択からコスト削減まで、実用的な情報を余すところなくお伝えします。

1. PowerPlatformとは?

PowerPlatformは、Microsoft365に含まれるローコード開発プラットフォームです。このプラットフォームはMicrosoftによって提供され、データの収集と分析、アプリケーションの開発、業務プロセスの自動化、そしてチャットボットの作成を可能です。中小企業にとって、「PowerPlatform」はリソースが限られる中で、業務の最適化を図ることができる重要なツールと言えるでしょう。特に低価格で高度なサービスを享受できるため、経営の効率化を目指す中小企業にとっては注目コンテンツです。

1.1. PowerPlatformの構成要素の紹介

PowerPlatformは主に「Power BI」「PowerApps」「Power Automate」「Microsoft Copilot Studio」の4つの機能から構成されます。PowerPlatformがビジネスにもたらす影響は非常に大きいです。データの収集と分析が容易になることで、より正確で迅速な意思決定を行うことができますし、アプリケーション開発の敷居が低下することにより、企業内におけるソリューションの提供が迅速化します。自動化を進めることで、時間を要する単純作業から従業員を解放し、より価値のある業務に集中させることが可能になります。特に中小企業ではリソースの有効活用が求められるため、PowerPlatformの導入による業務改善は非常に価値が高いと言えます。

Power BIデータの可視化と分析
PowerAppsコーディングの専門知識がなくてもアプリケーションを容易に開発
Power Automate業務プロセスを自動化し、定型業務の効率化
Microsoft Copilot Studioユーザーとの対話を自動化するチャットボット

2. PowerAppsの基礎知識

PowerAppsは、コーディングの知識がなくても、誰でも手軽に業務用アプリケーションを作成できるプラットフォームです。特に中小企業のビジネスを強化するためのツールとして、その有用性が高まっています。データを簡単に連携できるため、複雑な業務プロセスもスムーズにデジタル化することができます。また、PowerPlatformの一部であるため、Power BIやPower Automateといった他のツールとのシームレスな統合も魅力の一つと言えるでしょう。本記事では、PowerAppsの基本的な概要に加えて、料金体系についても詳しく解説していきます。

2.1. PowerAppsとは何か?

PowerAppsは、Microsoftが提供するアプリ開発プラットフォームであり、ビジネスのニーズに応じたカスタマイズが可能なアプリを迅速に作成できるサービスです。コードを一切書かなくても、ドラッグアンドドロップでインターフェースを設計することができます。また、Excelのようなシンプルな式を用いてロジックを組むことが可能で、非開発者でも直感的にアプリケーションを構築することができるのが大きな魅力です。さらに、PowerAppsはクラウド上で動作するため、作成したアプリケーションはインターネットさえ繋がれば、世界中どこからでもアクセスすることができます。これにより、テレワークやリモートワークが増えている現代において、ビジネスの柔軟性と生産性を大きく向上させることができるのです。

2.2. PowerAppsの主な利用シナリオ

PowerAppsは、さまざまな業務プロセスを効率化するために利用されます。例えば、営業チームが顧客訪問時の記録をデジタル化するためにカスタムアプリを作成したり、人事部が従業員の出張管理用アプリを構築したりすることができます。また、イベント管理や在庫管理、フィードバック収集といった用途にも適しており、それぞれの企業が直面している課題に合わせたアプリケーションを低コストで作成することができるのです。

業務の自動化だけでなく、既存のデータベースやSaaSサービスと連携させることで、一元管理が可能になります。これにより、従業員は複数のアプリケーションを行き来することなく、必要な情報に素早くアクセスすることが可能になり、作業効率が大幅に向上します。

3. PowerAutomateの基礎知識

PowerAutomateは、日々の繰り返しタスクを自動化したり、業務プロセスを最適化するためのクラウドベースのサービスです。中小企業にとっても非常に有効なツールであり、様々なアプリケーションと統合して使えるのが特徴です。ノンプログラマーでも直感的な操作でフローを作成でき、時間の節約と効率化を実現できます。そのため、Power Automateの基本を理解することは、中小企業がテクノロジーを活用して競争力を高める一歩となるでしょう。

3.1. PowerAutomateとは何か?

PowerAutomateは、Microsoftが提供するオートメーションツールの一つで、このサービスは、定型業務の自動化を支援し、効率化や生産性の向上を促進します。例えば、メールに添付されたファイルを自動的にクラウドストレージに保存したり、フォームの入力内容をもとにしてタスクを自動的に割り当てたりすることができます。ユーザーは「トリガー」と「アクション」を組み合わせて「フロー」を定義し、日常業務を自動化することが可能です。このように、PowerAutomateは多岐にわたる業務で活用できるため、中小企業においてもその価値は高く、テクノロジーを活用して業務改革をしたい企業にとって有用なツールと言えるでしょう。

3.2. PowerAutomateの主な利用シナリオ

PowerAutomateの活用シナリオは多岐にわたります。例えば、営業プロセスの自動化では、顧客からの問い合わせを受けた際に、自動的に情報をCRMに登録し、対応チームに通知するフローを作成することができます。このような自動化によって、営業チームのリソースをより重要な業務に集中させ、顧客対応のスピードアップとサービスの質の向上を実現できます。また、経理部門では、請求書のデータ入力作業を自動化することで、人的ミスを減らし、処理の正確性を高めることも可能です。さらに、社内で発生する承認プロセスなどを効率的に自動化し、煩雑な手続きを簡素化することで、業務の迅速化に貢献します。PowerAutomateは中小企業でも容易に導入できるため、業務の特性に合わせた使い方が広がるでしょう。

4. PowerPlatformのライセンスオプション

ライセンスの選定にあたっては、料金だけでなく、提供される機能や利用シナリオも考慮に入れる必要があります。ただし、中小企業にとってはコストは無視できない重要な要素です。各ライセンスオプションには、月額または年額料金が設定されており、利用するアプリケーションの種類や量、必要なサポートレベルによって費用は異なります。たとえば、「パーユーザーライセンス」ではユーザー一人当たりのコストが明確になっており、規模の大きい企業向けですが、小規模な中小企業では「パーフローライセンス」や限定されたアプリ専用ライセンスのほうが経済的です。また、総合的には「プランベースライセンス」がコスト高になる可能性があるものの、必要な全ての機能を利用できるため、長期的な視点で評価する必要があります。個々の業務ニーズに最適なライセンスを選ぶことで、トータルコストを最適化することが可能になるでしょう。

4.1. 単体ライセンス別のコスト比較


アプリケーション名
価格
Power BI無料(共同編集機能など一部有料)
Power Apps月額 2,750円(税込)(30日間の無料試用版あり)
Power Automate月額 2,068円(税込)(1ユーザ)~(Microsoft365プランを利用している場合は、無料で利用可)(30日間の無料試用版あり)
Microsoft Copilot Studio月額 27,500円(税込)(25,000 メッセージ)~(90日間の無料試用版あり)

4.2 Microsoft365に含まれるPowerPlattformライセンス別のコスト比較

PowerPlattformは単体ライセンスでも購入できますが、Microsoft365のライセンスに一部機能が含まれています。自社の業務フローを正確に把握し、どの機能をを活用すれば最大の効果が得られるのかを事前に分析することが重要です。

対象ライセンスPower AppsPower AutomateMicrosoft Copilot Studio for Teamsクラウド フローデスクトップ フロー価格(JPY)
M365 Business Basic--712円/ユーザー
M365 Business Standard--1874円/ユーザー
M365 Business Premium2750円/ユーザー

5.導入前に

5.1. コスト対効果を最大化するための秘訣

PowerPlatformの導入において、コスト対効果を最大化するための秘訣はいくつかあります。PowerPlatformの各アプリケーションを適切に連携させることで、さらなる自動化を実現しコストダウンに繋げることができます。さらに、社内での適切な知識共有とトレーニングを行い、ユーザー全員がツールをフルに活用することも、効果を高めるためのカギとなります。

5.2. 長期的な視点で見るコストと効果

導入当初は学習コストや設定に伴う手間がかかるものの、PowerPlatformを長期的な視点で見た場合、そのコスト対効果は計り知れません。定期的な業務プロセスの見直しを続けることにより、さらなる改善点が見えてきます。例えば、PowerAutomateを用いて定常業務を自動化することで、作業に割かれる時間が減少し、従業員がより創造的な作業に専念できるようになるのです。また、データの可視化が進むことで、未来のビジネスチャンスを見いだすための新たな戦略も立てやすくなります。これらの利点を考慮すれば、PowerPlatformは中小企業にとって貴重な投資であると言えるでしょう。

6.Microsoft365を導入する前に

ATDInnoSolutions株式会社はの業務改善コンサルティングの知見を活かした「PowerPlattform」導入を得意としています。実際にお客様の業務でどの程度役に立つか、どのようなシーンで真価を発揮するかなどのコンサルティングサービスがございます。また、アプリ開発、研修などのメニューも充実しており、幅広くご支援いたしますので、ご不明なことなどあればお気軽にお問合せください。

お問合せフォーム

ロゴ
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

駒井 源之丞(gennojo komai)

お客様の成功を支援するセールスマネージャーとして日々猛進中です! 前職でのMicrosoft 365とPowerPlatformのコンサル経験を活かし、業務効率化でお客様のビジネス変革をサポートしています。 AI、デジタルツインなどの先進技術と革新的なソリューションで最適なサービスをご提案いたします。

-AI, DX, Microsoft